遅咲きの五稜郭公園の桜

言わずも知れた北海道の有名観光地、五稜郭公園。桜の時期になるといつもとは一味違った五稜郭公園を見ることができます。五稜郭公園の桜の見頃は、4月下旬~5月上旬と遅く、例年、ゴールデンウィーク頃まで咲いていて、シーズン中には約1600本のソメイヨシノやヤエザクラが城内に咲き誇りま。シーズン終盤には桜の花びらが堀の水面を埋め尽くすので、それもまた、とても綺麗です。五稜郭公園の桜は夜桜としても有名で、毎年19時あたりからライトアップされます。ライトアップされた桜は、五稜郭の歴史的建造物とマッチして一段と美しく、毎年多くの花見客で賑わっています。ゴールデンウィークなどの長期休みを利用して、北海道に桜を観に行くのも良いのではないでしょうか。

秋田・角館のシダレザクラ

秋田県にある角館といえば、歴史ある武家屋敷が多く残る国の重要伝統的建造物群保存地区ですね。そして、角館は桜の名所てしても知られています。4月中旬~4月下旬・あるいは5月上旬のゴールデンウィーク頃までが桜の見頃で、この時期に角館に行くと国の天然記念物に指定されている角館のシダレザクラの一番美しいところを見ることができます。また、国の名勝に指定されている桧木内川堤のソメイヨシノも必見です。全長2キロに渡って桜並木が続いています。角館の桜は桜まつりの際にライトアップもされ、夜桜見物も楽しむことが出来ます。ライトアップされた夜桜と趣深い武家屋敷のコラボは格別です。ぜひ、角館に武家屋敷と桜を見に行ってみてはいかがでしょうか。